ベッドから車椅子へ安全に介助する方法

介護者が移乗介助を安全に行うためには、正しい介助の方法を知っておくことが重要ですから、介護のプロがオススメする介助方法をご紹介いたします。

ベッドから車椅子へと移乗する場合には、介助をスムーズにするためにアームレストやフットサポートを動かせる車椅子を選ぶと安全に移乗できますよ。

ベッドから車椅子は30度の角度があると、快適に移乗できますので、介助される人の足を少し前に出して、介助者の片足は介護される人の両足の間に入れて、もう片方の足を後ろに下げた状態にしましょう。

介助者は重心を低くした姿勢で、背中に両手を回して組んだ状態で移動させますが、ゆっくりと深く座らせましょう。

声がけも忘れずに行って、介護される人が不快感を感じないよう、足の位置注意しながらスムーズに介助を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る