車椅子の座り直し

ベッドから車椅子へ移乗した直後等は、被介護者にとってベストな座り方になっていない場合もありますので、一度座り直しを介助する必要があります。

介護現場でも良く行なわれている方法に、被介護者に腕を組んでもらい、後ろから覆い被さるように介助者がその腕を掴んで引き上げて深く座らせるというものがあります。
しかし、この方法だと被介護者の方が皮膚の弱い方だと内出血してしまう可能性があるので、極力避けた方がいい方法になります。

ではどうするのかというと、まず足をしっかりと引いてもらい、手もへその下辺りで組むようにして介助者が後ろに回ったら、おへその下辺りに手を当てて上に引き上げるのではなく、水平に移動するイメージで動かしましょう。
こうすると怪我の心配も無いだけでなく、上に引き上げる必要も無いので介助者の負担も軽減します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る