こんな介助は危険?知っておくべき介助方法

歩行器などの補助があればある程度は歩ける高齢者に対して危険な介助をしないためにも、介助方法について知っておきましょう。

高齢者を椅子に座らせる介助を行う際、後ろへと体を押してしまうと、椅子の材質によってはお尻の骨などの骨折をしてしまう恐れもありますよ。

座ってもらう介助では、一度前かがみの姿勢にさせてから座らせる方が良いと言われていて、バランスを取るためには上半身が前屈姿勢になっているとスムーズに介助できますから、お辞儀をしてもらいながら座ってもらうと良いでしょう。

ただ、高齢者が座りたくない時に、座らせるために無理に前屈姿勢を取らせようとすると逆に危ないので、膝なども一緒に曲がっている事を確認しながら介助を行うと良いのだそうです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る