介護現場で役立つ傾聴のコツとは?

介護の現場では介助スキルだけでなく、傾聴も大切なスキルですから、話すのが苦手な方もぜひコツを覚えておきましょう。

例えば認知症の人に何かを話しかけられたなら、別の場所で話しを聞きますよと提案して場所を変える事によって、話しを聞く姿勢を相手に示せるのです。

認知症の人などの話しを聴く際には、認知症の人が座っている所の隣の椅子に座って、落ち着いて話しを聞いてくれるという事が伝わるので、高齢者も安心して話してくれるでしょう。

相手の会話に相槌を打ったり、何か下手に言葉を返す事によって高齢者の話しを遮ってしまう事があるので、何か上手い言葉が思い浮かばないなら話している高齢者と表情を合わせて、相手の気持ちに共感している姿勢を示すと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る