柔らかくなる?介護食の調理方法

高齢者向けの介護食を作るなら、食べ物はカットする方法を工夫するだけで食べやすくする事ができますので、食材を柔らかく切る方法について知っておくと良いでしょう。

食材の繊維の方向を意識して、その方向に合わせて切る事によってシャキシャキとした食感が手に入りますが、繊維を断ち切るような切り方をする事によって柔らかな食感になるという事です。

高齢者が食べる場合には、食材が大きかったり長かったりすると食べづらいので、食べやすい3cmくらいの大きさにカットしましょう。

野菜によって繊維の方向が異なりますので、よく見極めてカットして食材を準備しましょう。

肉にも繊維がありますが、見た目で分かりますので繊維を断ち切って調理を行い、柔らかい料理を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る