座位姿勢を作る方法とは

寝たきりの人が座った姿勢を維持するためのポイントがありますので、ぜひ参考にして介助を行いましょう。

何らかの作業や食事は、基本的に座った姿勢で行いますので、座位姿勢を保つ事が大切なのです。

椅子の上に座っているだけでは、バランスを崩してしまう事も考えられますので、骨盤が倒れていたり背骨が丸まっている状態は作業もしにくいですし、椅子にきちんと座れていない状態もNGですから、正しい座位姿勢で体の機能を維持向上させましょう。

正しい姿勢は、足が地面と接地していたり背骨がまっすぐな状態ですから、間違った姿勢の時には介助者は声がけしてから座り直してもらい、座位姿勢を保つためにクッションを活用するのもオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る