鶏つくねの照り焼き

嚥下機能や噛む機能が低下しているなら簡単に食べられる介護食ですが、今回は鶏つくねの照り焼きの介護食の作り方についてご紹介いたしますので、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。

下準備として生姜をすり下ろしておき、玉ねぎはみじん切りにして、里芋は柔らかくなるまで茹でましょう。

鶏つくねは、里芋とパン粉、玉ねぎと卵、塩と酒、生姜と一緒に容器に入れて、ハンディミキサーで滑らかになるまで混ぜましょう。

クッキングシートの上に混ぜた物を置いて、つくねの形を整えたら、木の棒を付けると食べやすくなりますよ。

サラダ油をフライパンに敷いて、鶏つくねは焼き目が付き過ぎない程度に焼きましょう。

片面が焼けたらひっくり返して、水を入れて蓋をして蒸し焼き状態にしたら、お好みでタレを作ってかけたら完成ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る