入浴の福祉用具の必要性とは

人は入浴することにより、心身をリラックスさせたり安眠効果も期待できますが、入浴介助を行う際には、介助をスムーズに遂行するための福祉用具を用意する必要がありますよ。

入浴は感染症を予防したり、他者とのコミュニケーションにも最適ですが、高齢者にとっては危険な行為とも言えますので気をつけなければなりません。

浴室は、床が濡れていて滑りやすく、立ち座りの動作でバランスを崩しやすかったり、壁やシャワー台など硬い素材でできているため、転倒して怪我をする危険性が高いのです。

高齢者が安全に入浴するためには、そのための環境を整備することが大切なので、有効的に福祉用具を活用しましょう。

例えば、転倒を防止したいなら、滑り止めのマットを敷いたり、浴室用の介護椅子などを活用するのもオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る