自分に合った杖の選び方

例えば左足が不自由で両手が使える場合、杖はどちらの手で持ちますか?
左足をかばいたいので左手で杖を使うというイメージですが、正解は右手で持つ使い方です。
実は不自由な方の足の手で持った方が体重を余計にかけてしまい、負担がかかってしまいますから、基本的に自由の効く足の方で持つようにしてください。

杖の長さもそれぞれによって適した高さが違いますので、背を伸ばして立ち、杖の持ち手を手首の高さに合わせるようにするのがベストです。
実際にこの高さにして使ってみると少し低いように感じると思いますが、この高さが一番バランスを整えやすく安定して杖を使える高さとなります。

また杖を使って歩くときは、杖、不自由な足、自由のきく足の順番であるくと安定します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る